【ローヤルゼリーを活用】満足度の高い製品だけを厳選!
メインイメージ

ローヤルゼリーはどこの産地のものが良いの?

働き蜂の中で羽化して1週間後の蜂にしか作ることができないローヤルゼリー。
不老長寿の薬ともいわれるローヤルゼリーを選ぶ時は、ローヤルゼリーの産地に注目をすることが大切です。

ローヤルゼリーの産地はどこのものが良いのでしょうか?日本で販売されているローヤルゼリーのうち、およそ9割の商品は中国で作られたローヤルゼリーです。
中国産のローヤルゼリーというと、安全面で不安がある方が多いかもしれません。
中国産のローヤルゼリーで日本に輸出をされるものに関しては、ミツバチが生息する地域で農薬や抗生物質は使われていません。
日本の会社の指導の下、しっかりと管理をしているため安全面では問題はないようです。
国内で作られているローヤルゼリーは、わずか1%くらいしかありません。
国内の養蜂園で大切に飼育されているミツバチたちが集めたローヤルゼリーはとても貴重なもので、鮮度が高いという魅力があります。

海外産のローヤルゼリーと国産のローヤルゼリーの一番の違いは鮮度です。
特に生のローヤルゼリーは鮮度が命といわれており、酸素に触れると劣化が早まるため作られてすぐのものが高品質です。
国産のローヤルゼリーは採取後にすぐに商品として販売できるため、海外産のものよりも酸素の影響を受けることなく新鮮なのがメリットです。
鮮度のことを考えると、一番良いのは国産のローヤルゼリーといえるでしょう

ただ、国産のローヤルゼリーは海外産と比較して値段が高いです。
同じメーカーが作っているものを比べても、国産の商品は約3倍近くもすることを覚えておきましょう。

トップに戻る