【ローヤルゼリーを活用】満足度の高い製品だけを厳選!
メインイメージ

自律神経失調症にローヤルゼリーが良い理由

ローヤルゼリーは1960年頃から、健康食品として長年人気を博しています。
健康維持や滋養強壮、冷え性など様々な効果が期待されています。
はちみつとは全く違う白色のとろりとした物質で、働き蜂が花粉やはちみつを食べて分解したものです。
女王蜂の、幼虫や成虫に与えられる食べ物なのです。
ローヤルゼリーは、自律神経失調症にも効果があると言われています。
それはなぜなのでしょうか。

自律神経失調症とは、ストレスの多い現代ならではの病気ともいえます。
自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。
交感神経は心身を高揚させて日中の活動に適した調子に整えます。
副交感神経は、逆にリラックスを促し睡眠や休息の助けとなります。
ストレスや不規則な生活などで負担がかかり耐えられなくなると、自律神経失調症になります。
不眠や急な発汗、めまいや頭痛、手足のしびれなど様々な症状が発生します。
自律神経失調症を改善するには、自律神経のバランスを整えることが必要なのです。

ローヤルゼリーにはアセチルコリンという成分が含まれています。
アセチルコリンは神経伝達物質の1つで、副交感神経を活発にする働きがあります。
副交感神経は、睡眠や食事、休息の時に優位になります。
副交感神経が活発になると、消化がよくなり心機能が抑制されます。
交感神経が優位になりすぎて興奮状態にある身体を、落ち着かせることができるのです。

また、デセン酸というローヤルゼリー特有の成分も効果があると言われています。
実はホルモンバランスの乱れも、自律神経の乱れの一因です。
女性ホルモンに似た働きをするデセン酸は、ホルモンバランスを整える手助けになるので自律神経失調症にも効果的なのです。

アミノ酸やカルシウムが豊富に含まれていて、免疫力や分泌機能の改善や、精神状態の安定にも役立ちます。
体全体の調子が回復することで、自律神経失調症の改善に役立つと言われています。

トップに戻る