【ローヤルゼリーを活用】満足度の高い製品だけを厳選!
メインイメージ

更年期障害が辛い時にはローヤルゼリーを摂ってみよう

40代になって更年期障害に悩んでいる女性は多いでしょう。
薬に頼る人もいるかもしれませんが、ローヤルゼリーがおすすめです。

ローヤルゼリーはデセン酸という成分を持っていて、これが更年期障害の緩和に効きます。
デセン酸は、自律神経を調えたり、女性ホルモンにそっくりの働きをしたりします。
更年期障害の原因は、自律神経の乱れにあります。
これは、女性ホルモンの分泌量の減少に関係しています。
女性ホルモンであるエストロゲンは、卵巣で分泌されますが、加齢によって卵巣の機能が衰えるため、分泌量が極端に減ります。
脳にある視床下部はエストロゲンの分泌を促す働きを持ちますが、刺激を加えてもホルモンが分泌されないため、混乱が起こります。
しかも、視床下部は自律神経をコントロールしているため、混乱することでこちらにも悪影響を及ぼします。
交感神経が過敏に動く状態になってしまい、興奮状態が続くため、動悸がしたりイライラしたりします。

ローヤルゼリーに含有するデセン酸は、間脳に作用して自律神経を整える働きがあります。
構造がエストロゲンにそっくりなことも特徴で、体内で結びついて活性化させる働きもあります。
そのためエストロゲンの分泌が増えることで、卵巣の働きを改善し、視床下部の混乱を無くします。
自律神経も調うため、更年期障害特有の症状が減っていくのです。

ローヤルゼリーは、この他にアセチルコリンも持っています。
これは神経伝達物質で、副交感神経を優位にする特徴があります。
脳に情報を送って機能を活性化させる働きがあり、神経のバランスをコントロールするのに役立ちます。

どちらの成分も更年期障害の緩和によく効きます。
そのため、この両方を含むローヤルゼリーは、まさに打って付けと言えるでしょう。

トップに戻る