【ローヤルゼリーを活用】満足度の高い製品だけを厳選!
メインイメージ

ローヤルゼリーはいつ頃からあるの?

ローヤルゼリーは、今ではサプリメントやドリンク剤などに配合され、より身近なものになってきています。
このようにローヤルゼリーが人々に有効なものであると確認されたのはいつ頃からなのでしょうか。

ローヤルゼリーの始まりは、今から約2400年前のことです。
古代ギリシャ時代にアリストテレスは多くの本を残しました。
その1冊である動物誌という本に、濃厚な蜂蜜に似た淡黄色の柔らかいものという記述があり、これがローヤルゼリーを指していると考えられています。
1900年代になるとヨーロッパ各国でローヤルゼリーの研究が進みました。
当時のローマ教皇が老衰による危篤状態に陥った際、主席侍医のバオルチー氏やパウロ・ニーハンス博士、ガレヤ・ジリシー博士らがローヤルゼリーを投与すると見事に回復したのです。
教皇がミツバチを称えるスピーチを行ったことで広まったとされています。

日本では1959年の週刊朝日に掲載された記事が、人々の関心を集めることとなります。
また、この時期に輸入が始まり、1960年から国内での計画生産が始まりました。
約200年前にスイスの盲目のミツバチ研究者、フランソワ・ユベールが出版した蜜蜂の新観察という本の中で「ゼレー・ロワイヤル」と記載されたことで、現在のようにローヤルゼリーと称されるようになりました。

日本では、それほどの歴史は経っていませんが、これほど多くの人々に愛用されているのは効果が証明されているからではないでしょうか。

トップに戻る